2009年05月26日

グーグルは信頼できる人に達していない。 ネクタイの締め方を事例に

グーグルは25日、検索エンジンについての説明会を
報道関係者向けに開催した。
製品開発本部長が、「Google 検索」
最近搭載した機能などを紹介しながら、
同社の検索に対するスタンスを語った。

 徳生氏は、検索に対するユーザーのニーズが
Webページからニュースや辞書、ローカル情報、
動画などへと多様化している一方で 、
目的に応じてそれぞれ適した検索メディアを
ユーザーが選択しなければならず、
ユーザーに負担をかけている状態だと指摘する。

 そこで「Google 検索」では、Webページだけでなく、
地図や動画なども合わせて検索結果ページに表示する
「ユニバーサルサーチ」を提供している。

例えば、「ネクタイの締め方」で検索すると、
テキストやイラストの説明があるページだけでなく、
YouTubeの動画も提示。
また、「焼肉 渋谷」では、ローカル検索から
渋谷付近の焼肉店を地図とともに表示するといった具合だ。

 もちろん、ここで提示される情報は
現在のGoogleで検索可能なものに限られ、
探している情報によっては
必ずしも答が見つかるというわけではなく、
Googleでは対応できないこともある。

例えば、自分の子供を預ける保育園を探したり、
重要な取引先を接待するレストランを探すのに、
Web検索よりも知人や社内の信頼できる人に
聞くことが多いのではないかとし、
検索する情報によって人間は
検索メディアを使い分けていると指摘する。

 すなわち、知人や信頼できる人という
“ソーシャルメディア”においては、
知人からの情報ということで価値が高まっているわけだ。
Googleの検索エンジンでもソーシャルネットワークや
店舗の口コミ情報なども対象としているが、
「Googleが信頼できる人に置き換わるかというと、
そこまでには達していない」という。

 検索しても答が出てこないものがある現状は、
ユーザーが検索する作業自体を
意識しなければならない段階だとも指摘する。

すでに検索が社会インフラになっている以上、
水道や電気のように
「検索という動作そのものを意識しなくても
いいようにできるのではないか。
Googleが達成できていない領域があるのではないか」
と述べ、
「Web検索するものと検索しないものを、
どうやって意識しないようにするかが課題」とした。

 

fukurin23 at 02:37│Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 私の日記 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile

日本一ネクタイを売...

フェイスブックいいね。
つぶやきボタン
Twitter「つぶやく」ボタン
ツイッター
Categories
Recent Comments
Profile

日本一ネクタイを売...

Categories
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
Categories
Categories
Categories
Categories
Categories
カテゴリ別アーカイブ
Categories
Categories
カテゴリ別アーカイブ
「SEOツール:まるみえ」
SEOツール キーワード: URL
アクセス解析
人気サイトランキング