宮崎民謡

2009年08月04日

芋茎木刀は、『いもがきぼくとう』と読み、宮崎の伝統的な民謡です。今回は3番まで入ってます。

 芋茎木刀は、『いもがきぼくとう』と読み、
 宮崎の伝統的な民謡です。

 宮崎では誰でも知ってます。



芋茎木刀(いもがらぼくと)=宮崎の男=伝統的な宮崎の民謡

芋茎木刀(いもがらぼくと)とは、宮崎の男性のこと
 
外見は、木刀のようにいさましいけれど、
実は芋の茎でできた木刀であって、内面は非常にやさしいという意味です。

因みに、宮崎の女性は、日向のかぼちゃに例えられています。
現代的な感覚では、かぼちゃに例えられてうれしい女性は少ないと思いますが、

古き良き日本というか宮崎では、
芋の茎の木刀と日向のかぼちゃが、いい夫婦の象徴だったのでしょう。

伝統的な宮崎の民謡です。

私は、最期の血の一滴まで大阪人ですが、
宮崎は第二のふるさとです

twitterでつぶやく fukurin23 at 09:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2009年08月03日

芋茎木刀は、『いもがきぼくとう』と読み、宮崎の男のことで、宮崎の伝統的な民謡です。

 芋茎木刀は、『いもがきぼくとう』と読み、

 宮崎の男のことで、宮崎の伝統的な民謡です。



芋茎木刀(いもがらぼくと)=宮崎の男=伝統的な宮崎の民謡

芋茎木刀(いもがらぼくと)とは、宮崎の男性のこと
 
外見は、木刀のようにいさましいけれど、
実は芋の茎でできた木刀であって、内面は非常にやさしいという意味です。

因みに、宮崎の女性は、日向のかぼちゃに例えられています。
現代的な感覚では、かぼちゃに例えられてうれしい女性は少ないと思いますが、

古き良き日本というか宮崎では、
芋の茎の木刀と日向のかぼちゃが、いい夫婦の象徴だったのでしょう。

伝統的な宮崎の民謡です。

私は、最期の血の一滴まで大阪人ですが、
宮崎は第二のふるさとです

twitterでつぶやく fukurin23 at 09:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2009年08月01日

芋茎木刀は、『いもがきぼくとう』と読み、宮崎の伝統的な民謡です。

 芋茎木刀は、『いもがきぼくとう』と読み、宮崎の伝統的な民謡です。

twitterでつぶやく fukurin23 at 19:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
Profile
フェイスブックいいね。
つぶやきボタン
Twitter「つぶやく」ボタン
ツイッター
Categories
Recent Comments
Profile
Categories
Recent TrackBacks
Categories
Categories
Categories
Categories
Categories
カテゴリ別アーカイブ
Categories
Categories
カテゴリ別アーカイブ
「SEOツール:まるみえ」
SEOツール キーワード: URL
アクセス解析
人気サイトランキング