師を持つ

2010年04月14日

今日の言葉 日用心法 2 安岡正篤 一日一言』より 島根の遣唐使より

今日の言葉 日用心法 2

第九、現在の仕事は自分の生涯の仕事とするに足りるか。

第十、仮に自分の仕事がどうしても自分に合わぬ、
自分の生活が退屈であるとすれば、自分の満足は何によって得るか。

第十一、自分が絶えず追求する明確な問題を持っているか。

第十二、自分は人に対して親切か、誠実か。

第十三、自分は人格の向上に資するような教養に努めているか。

第十四、特に何か知識技術を修めているか。

第十五、自分は何か信仰・信念・哲学を持っているか。

『安岡正篤 一日一言』より

こんにちは。
時代が大きく変わろうとしています。
龍馬氏も秋山兄弟も
このような時代に生きていたと思います。
足元を見つめて日々精進しましょう。
一灯照隅
塊より始めよ
自らの出来得る所から始めせんか。
今日もニコニコワクワクと顔晴っていきましょう!


twitterでつぶやく fukurin23 at 18:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2010年04月12日

今日の言葉 師を持つ 1 安岡正篤 一日一言より 島根の遣唐使から

今日の言葉 師を持つ 1

若いあいだに、
自分の心に理想の情熱を
喚起するような人物を持たない、
理想像を持たない、
私淑(ししゅく)する人物を持たないのと
持つのとでは大きな違いです。

なるべく若い時期にこの理想精神の洗礼を受け、
心の情熱を燃やしたことは、
たとえ途中いかなる悲運に際会しても、
いかなる困難に出会っても、
かならず偉大な救いの力となる。

『安岡正篤 一日一言』より

おはようございます。
20代の頃、維新に活躍した人の本を読んでました。
本の中で人物との出会い。
人材紹介の仕事を通じての出会い。
いろいろとご縁を頂きました。
今は吉田松蔭氏の師友の言葉から
一隅を照らす仲間と渋澤栄一氏の生き方を学んでいます。



twitterでつぶやく fukurin23 at 09:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

今日の言葉 師を持つ 2 安岡正篤 一日一言より 島根の遣唐使から

今日の言葉 師を持つ 2

若いときにそういう経験を持たなかった者は、
いつまでたっても日陰の草のようなもので、
本当の意味において
自己を伸ばすということができない。
ことに不遇のときに、
失意のときに、
失敗のときにこの功徳(くどく)が大きいものです。

『安岡正篤 一日一言』より

おはようございます。
日本の四季が日本人を育ててると今頃思います。
冬の厳しさがあるから春の嬉しさを感じます。
雪解けの水の先にスギナ、
土筆を探しに行きませんか!
こころにはいつも吉田松蔭氏のように
青空を感じ行動して見ませんか!
今日も素直にワクワクドキドキと。



twitterでつぶやく fukurin23 at 08:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
Profile

日本一ネクタイを売...

フェイスブックいいね。
つぶやきボタン
Twitter「つぶやく」ボタン
ツイッター
Categories
Recent Comments
Profile

日本一ネクタイを売...

Categories
Recent TrackBacks
Categories
Categories
Categories
Categories
Categories
カテゴリ別アーカイブ
Categories
Categories
カテゴリ別アーカイブ
「SEOツール:まるみえ」
SEOツール キーワード: URL
アクセス解析
人気サイトランキング