食べ方

2010年04月13日

京いもという野菜を朝食で食べてみたが…皮をとり損なって口の中が…宮崎料理なのか?

 京いもという野菜を朝食で食べてみたが…
 
 皮をとり損なって口の中が…
 
京いも


 母がおいしいというので、
 京芋という野菜を食べてみた。

 山芋みたいな感じかなと思っていたが、
 若干違った。

 ある博学な人が、NHKの番組で見たそうだが、
 日本のさつまいもは、甘いので、
 世界的には輸出しても売れない。

 主食としてイモ類を食べる人々に、
 販売するには、サツマイモから
 甘さを取り除く改良が必要だそうです。

 たしかに、
 タロイモやキャッサバは甘くないだろう。

 そんな味を想像させる味だったのが、
 この京いも。

 調理方法次第でおいしいのだろうけど、
 電子レンジで焼き芋にして食べてみたが、
 残念な味だったし、砂糖、塩、しょうゆ、
 どれをつけても駄目だった。

 以下のページに、
 京いものおいしい食べ方が載っているようだったが、
 宮崎の名物だということを知った。
 
http://www.nhk.or.jp/miyazaki/reshipi/yasai/kyo-imo/index.html

 以下のベーコン巻きにすればよかったなぁ。

 http://www.nhk.or.jp/miyazaki/reshipi/yasai/kyo-imo/04.html

 なんとなく、宮崎の方が好きそうな
 芋ではあるな。

 皮をうまくとり損なったのか、
 口の中がかゆい。
 

twitterでつぶやく fukurin23 at 08:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
Profile
フェイスブックいいね。
つぶやきボタン
Twitter「つぶやく」ボタン
ツイッター
Categories
Recent Comments
Profile
Categories
Recent TrackBacks
Categories
Categories
Categories
Categories
Categories
カテゴリ別アーカイブ
Categories
Categories
カテゴリ別アーカイブ
「SEOツール:まるみえ」
SEOツール キーワード: URL
アクセス解析
人気サイトランキング